ピロリ菌除菌サプリメント

胃の不快症状を引き起こす、ピロリ菌。水道が未整備な時代に育った中高年は、7割が保菌者とも。ピロリ菌の影響は次のとおり。

 

・慢性胃炎、胃潰瘍などを誘発
・胃がんになる確率が20倍以上に

 

ストレスでの胃痛やポリープも、ピロリ菌が原因という報告が。そんなピロリ菌も除菌してしまえば、問題解決!病院では抗生物質を使って除菌が行われます。

 

薬の副作用が気になる方にオススメなのは、マヌカハニー、乳酸菌、プロポリスでの除菌です。当サイトでは、副作用のないピロリ菌除菌サプリメントを紹介しています。ぜひ、参考になさって下さい。

 

 

粒マヌカの特徴

粒マヌカは、マヌカハニーをパワーアップさせたピロリ菌除菌サプリメントです。ニュージーランドでのみ摂れるマヌカハニーは強力な除菌作用で有名。ピロリ菌も除菌します。でも、ハチミツを毎日摂るのはカロリーが気になるという方も。粒マヌカは、その悩みを解決。1日めやす3粒に最高級MGO400+マヌカハニー配合。粒にしたことで飲みやすさ&抗菌力がUP。自然素材なので副作用の心配なし。マヌカハニー独特の味が苦手という方にもオススメ。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 最高級MGO400+マヌカハニー配合
 

 

 

乳酸菌革命の特徴

乳酸菌革命は、パワフル乳酸菌でピロリ菌を退治してくれるサプリメントです。乳酸菌といえば、腸の状態を整えると思われがちですが、ガセリ菌などはピロリ菌の退治や胃潰瘍の予防効果も。乳酸菌なので副作用の心配もありません。また、複数の乳酸菌が腸内フローラのバランスを整えるので、免疫力をUPしてくれます。ガセリ菌をはじめとする、9種の乳酸菌を配合。届きやすい力強い乳酸菌を、独自のカプセルで守っています。おなかに自信がない方にオススメです。

価格 2,730円
評価 評価4
備考 9種の乳酸菌を配合
 

 

 

プロポリス300の特徴

プロポリス300は、プロポリスの抗菌・殺菌作用でピロリ菌を除菌してくれます。プロポリスは、ハーブの新芽からミツバチが作り出した天然の抗生物質ともいわれる素材です。品質のよいブラジル産を使用。プロポリスの有用成分をしっかり取り出しています。カプセルを改良し、飲み難さも改善されています。1日めやす3粒。飲み心地を確かめる、お試しセットもあります。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 ブラジル産プロポリス
 

 

ピロリ菌とは?ピロリ菌が招く病気

 

ピロリ菌とは、胃の中に存在する細菌の一種です。ピロリ菌が存在することで、様々な病気を引き起こします。

 

ピロリ菌は主に胃の粘膜に生息している細菌です。通常、胃は強力な胃酸があるため細菌は存在できません。しかし、ピロリ菌は表層粘膜を持ち、胃酸の影響を受けずに胃の中に生息することができるのです。

 

長さは4ミクロンと小さく、右巻きに3回ほどねじれているのが特徴です。端にはべん毛という細長いしっぽが8本ほど付いており、このべん毛で胃の中を活発に動き回ることができます。

 

ピロリ菌が引き起こす病気

 

ピロリ菌は放置しておくとアンモニアなどの有毒物質を発生させます。有毒物質から胃を守ろうと免疫反応が起き、これにより胃に炎症が発生し、胃の粘膜が傷付けられます。

 

ピロリ菌が引き起こす病気として、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがあげられます。場合によっては胃がんに繋がる恐れもあるので、ピロリ菌は除去しなければなりません。

 

自覚症状としては、胃もたれや食後の腹痛、食欲不振、嘔吐感や胸やけがあげられます。しかし、これらの症状は他の病気にも当てはまりますし、普段の食生活や生活習慣によっても胃の調子は左右されるので、ピロリ菌が原因と結びつけるのは中々難しいことです。

 

しかし、ピロリ菌は長期間放置しておくと様々な病気に繋がってしまうので、少しでも胃に違和感を感じたら、最寄りの消化器科で胃の検査を受けるようにしましょう。

 

ピロリ菌に感染したら起きる自覚症状は?

 

ピロリ菌は放置しておくと様々な病気を引き起こします。ピロリ菌を見つけたら、早期発見と適切な治療が必要です。今回は、早期発見に繋がるピロリ菌の自覚症状についてご紹介します。

 

ピロリ菌の主な自覚症状

 

ピロリ菌は胃の粘膜内で有害物質を発生させ、胃の粘膜に炎症を起こします。この時に起こるのが、胸やけや嘔吐感、食欲不振や空腹時の胃痛です。ピロリ菌が発生しているだけでは自覚症状を感じることはありません。ピロリ菌が胃の粘膜に炎症を起こすことで、これらの自覚症状が出てきます。

 

胃に違和感があったら最寄りの消化器科へ

 

ピロリ菌が起こす自覚症状は、食生活や生活習慣の乱れ、他の病気などでも起こるものです。これらの症状が出たからと言って、すぐにピロリ菌が原因と結びつけるのは難しいことです。そのため、ピロリ菌が発生しても見逃してしまいがちで、診察を受けてピロリ菌を見つけた時には症状が進行しているという場合も珍しくありません。ピロリ菌を放置しておくと、胃や腸の炎症や潰瘍性疾患まで発展してしまい、場合によっては胃がんの原因にもなります。

 

ピロリ菌による病気を防ぐためには、胃に違和感を感じたらすぐに病院へ行くことが一番有効です。また、ピロリ菌に感染している方は胃に関する症状が比較的多い傾向にあります。家族や身近な方でピロリ菌に感染している方が居る場合も、ピロリ菌の感染率は高くなります。胃に関する悩みを持っている方は、なるべく早めに最寄りの消化器科で検査を受けましょう。

 

ピロリ菌を除菌薬とその副作用

 

ピロリ菌に感染している場合、投薬による除菌治療が行われます。薬でピロリ菌を除菌し、ピロリ菌が引き起こす病気を改善、予防することができます。

 

ピロリ菌の除菌治療に使用する薬

 

ピロリ菌の除菌治療を始める前に、除菌治療の対象となるかの検査が行われます。検査方法は内視鏡検査や造影検査、抗体測定や呼気試験など様々な検査方法が行われます。これらの検査を受け、除菌薬を使用するかどうかを判断します。

 

除菌薬は2種類の抗菌薬と、胃酸の分泌を抑える薬の計3つを服用します。1日2回で1週間服用し、治療を行います。医師の指示の元正しく薬を服用することで、75%の確率でピロリ菌の除菌を行うことができます。

 

治療終了後、4週間の経過観察を行い、ピロリ菌が除菌できたか再び検査を受けます。この検査でピロリ菌の除菌に成功していれば治療は終了となります。

 

ピロリ菌による病気を持っている方は、一般的にはまず最初に原因となっているピロリ菌を除菌し、その後に病気の治療に移ります。

 

除菌薬に副作用はあるのか

 

除菌薬は効果の強い薬です。服用することで副作用が起こる場合があります。これまで報告されている主な副作用として、発熱、下痢、軟便、味覚障害などがあります。また、まれに肝臓機能の低下や発疹などのアレルギー症状が出る場合もあります。

 

発熱や下痢、発疹などの症状が出た場合はすぐに薬の服用を中止しましょう。軟便や味覚障害の症状の場合は薬の服用を続ける場合があります。症状が酷くなったら担当医に相談しましょう。また、これらの副作用が続く場合や症状が気になる方は、すぐに担当医に相談しましょう。

 

副作用なくピロリ菌を除菌する方法

 

ピロリ菌は放置しておくと様々な病気に繋がります。ピロリ菌に感染した場合、病院で除菌薬の投与による治療が行われますが、薬の投与によって発熱や発疹などの副作用が出る場合があります。副作用を起こさずピロリ菌を除菌するためには、自然由来の健康食品を利用する方法が効果的です。今回は、ピロリ菌に効果的な成分をご紹介します。

 

マヌカハニー

 

マヌカハニーとはハチミツの一種で、ギョウリュウバイという植物からミツバチが採取したハチミツのことを指します。マヌカハニーは高い殺菌能力を持っており、ピロリ菌の除菌にも効果が期待できます。また、その他にも大腸菌や黄色ブトウ球菌などの腸内殺菌にも効果的で、摂取することで善玉菌の活動を活性化させる効果もあります。

 

マヌカハニーがピロリ菌の除菌に効果的であるということは、イギリスの医療雑誌にも掲載されており、5%の濃度のマヌカハニーを用いることでピロリ菌の殺菌に成功したという実績もあります。マヌカハニーはインターネットの通販で様々な種類のものが販売されているので、その中から自分に合った物を探してみましょう。

 

LG21

 

LG21とは乳酸菌の一種で、様々な種類のある乳酸菌の中でも特にピロリ菌の殺菌に効果が期待できると言われているものです。胃酸にも対抗できる強いピロリ菌ですが、LG21の持つ乳酸には弱いのです。また、LG21はピロリ菌の繁殖に必要な栄養などを除去する働きがあるので、ピロリ菌が生存しにくい環境を作ることができます。

更新履歴